TVゲームのルールを決めたら毎日勝手に勉強するようになった

去るクリスマス、サンタさんは長女にミニファミコンを置いて行きました。

我が家にとっては初めてのTVゲーム。

大喜びする長女の陰で、スーマリ!熱血行進曲!アイスクライマー!やるぞぉおー!

と静かに燃えていたのはこの母です。

 

さてしかし、ゲームを許可するに当たってはやはりルールは必要。
夫と長女と相談しました。

私が懸念していたのは、それまでおろそかになっていたチャレンジが、さらにおろそかになること。

長女はこどもちゃれんじの時代から小学校に上がっても、進研ゼミ小学講座を半ば惰性で続けていました。

親が言ったら時々はやるものの、1年生、2年生とほとんど活用できず、3年生に上がる前には一度退会申し込みをしたほどです。
(4月号の教材がとっても良いと聞いて、じゃあ4月だけとりあえず…と留まりました^^;)

でも3年生になっても結局変わらず、もうやめようか、と言っていたところでした。

 

そこにTVゲーム。

毎日でもゲームやりたい!という前のめりな気持ちをここに利用するわけですよ。

決めたルールはこうです。

  • その日の宿題を終わらせていること
  • チャレンジタッチを1教科1レッスンでも進めていること

たったこれだけのシンプルなルールですが、ほぼ毎日チャレンジに取り組むようになりました。

宿題もさっさと終わらせ、これまでは言われて渋々やっていたチャレンジを自らやっている…!(感涙)

チャレンジはタブレット教材(チャレンジタッチ)を選択していて、その辺にラフに座って気軽に取り組めるのがいい。

そしてポイントは、1教科1レッスンだけでOKとしたことかなと思います。

これだと10分くらいで終わるから負担に思わないようで、毎日タブレットを立ち上げ、気が乗った時は2レッスン、3レッスンと進めています。

このペースで1月は初めて1ヶ月分のレッスンを無理なく終えることができました。

実は、ミニファミコンが来る前もiPadのゲームアプリで遊んでいたのですが、その時のルールは「1日1時間まで」というものだけでした。

その時はやっぱり宿題も後回しになっていたので、もう既にゲームのある家庭では当たり前のことかもしれませんが、「大事なこと(宿題)を先に済ませてから」というルールは必要だったんだなと気付いた次第です。

勉強の妨げになると思われたゲームが、まさか勉強を促進してくれるなんて。

母も一緒に久々のスーパーマリオに熱くなれるし、これは良かったなぁ。

=====

にほんブログ村 子育てブログ 2009年4月~10年3月生まれの子へ にほんブログ村 子育てブログ 2015年4月~16年3月生まれの子へ にほんブログ村 子育てブログ 2017年4月~18年3月生まれの子へ

> 人気ブログランキングへ


関連記事

コメントをどうぞ!

CAPTCHA