読み聞かせレポ:おしり

10時就寝、4時起床の生活をするようになってから
だらだらとネットサーフィンすることも無くなったけど、
やりたいことがあれもこれもと溜まっていっているのも事実。

仕事が楽になりつつあるので、もう少し時間のやりくりを
上手にしたいなぁ。

さて忘れてしまわないうちに記録。
明日返す本だから。


おしり

これは、10か月の頃に読んだ「いいおかお」の同シリーズ。

どうも動物全般に喰いつきの良いQちゃんは、図書館で
この本を見せてみたら持って離しませんでした。

みんな正面を向いて、全体像の分かる図鑑的な本を借りたことも
あったけど、そっちはあまり見ず(写真じゃなくリアル絵だったからかも)、
ちょっと視点の違うこのシリーズは読んで読んでとよく持ってきます。

母は初めは特に何とも思わず読んであげていたのだけど、
ふと、あ、これ面白い、と思いました。

動物園なんかに行って、動物が後ろを向いていると面白くなくて
こっち向いてーといつも思っていたけど、うわーしまうまのおしり
ゲイジュツ的やぁ、とか、サイのおしりこうなってたんやぁ、とか、
おしりもけっこう楽しいなと思うようになったのです。

もう少し暖かくなったら動物園に行きたいと思っているのだけど、
その時に動物たちが後ろを向いてばかりだったとしても
「こっち向かんねぇ、つまらんねぇ」じゃなくて
「おしり、あんなしっぽ付いてるよ、面白いねぇ」って
ポジティブな見方を与えてもらったというのが良かった。

動物も物事も、決まった方向でなくていろんな角度から
見てみたら面白いし新鮮なんだなぁと。

Qちゃんの反応というより完全に母の視点ですが、
出会えて良かったなと思った本でした。

=====

↓読んで催促が激しいこの頃ですがみなさんは?
> 子育てブログ 2009年4月~10年3月生まれの子

↓家が動物園ですが何か
> 犬ブログ ボーダーコリー

↓有名ブログもこちらから
> 人気ブログランキングへ



関連記事

コメントをどうぞ!