子どもの動画断ち

auの動画配信サービス「ビデオパス」が我が家に欠かせなくなっていました。

特に活躍するのは夕方、長女が宿題をしていて、母は夕飯を作っているとき。

Eテレで何やかややってる時間帯なのだけど、長女Qさんが居間で宿題をするのでTVをつけてしまうと集中できない。

そして同じ空間にいる2歳次女は、暇を持て余して当然姉や母に絡んでくる。

ちょっと今はどっちも相手できないんだよね…って時にタブレットで動画を見せておけば、次女は動かなくなるし、長女は映像が見えない分集中もできる。

アンパンマンとか、ワンワンとか、サンリオとか、それはそれは次女を釘付けにしてくれるので大変助かってます。

長女において活躍するのは、学校行事の振り替えで平日が休みになった時とか。

母は在宅ワーカーなので家にはいるけど、仕事があるのでどこにも連れて行けず、相手にもできず。

そういう時に、例えば妖怪ウォッチなんかをだらだらと見て暇をつぶしています。

大人は主に夜。

子どもたちが寝た後に、TVにつなげてお笑い観たり、海外ドラマ観たり。

雨の休日、どこにも出かけないときなんかに家族で映画を観たりも。

そしたら最近、次女が動画ばかり求めるようになって、iPadを持って来てはワンワンつけろのキティつけろの訴えてくるようになったのです。

そういえば最近は、誰かの手が空いてる時でも、おもちゃで遊んだり絵本を読んだりするより動画見せてる時間が多くなってたかも…

ちょっと頼り過ぎたかな、これをクセにしちゃいけないねと夫婦で反省しました。

それでここ2日くらい求められて泣いても断っていたら、諦めておもちゃで遊んでいます。

遊びはじめると割と一人で遊んでいて、一人遊びする次女、宿題をする長女、夕飯を作る母、という理想的な夕方の構図ができました。
長女が宿題を終えれば、TVをつけたり二人で遊んだりしています。

うん、これこれ、これが継続すれば。

でも毎日こうはいかないだろうし、どうしてもの時は見せることになるだろうけど、加減を考えて与えないとですね。

来週は長女の平日休みが2日もあるし、大人も夜の動画鑑賞したいし、次女にとっては印籠ばりの効果があるし、断つといってもやっぱり不可欠なのでした。ありがたや〜

.

=====

ビデオパスで「らんま1/2」にハマってました
> 子育てブログ 2009年4月~10年3月生まれの子

プリキュアはまだのよう
> 子育てブログ 2015年4月~16年3月生まれの子

のんのも元気
> 犬ブログ ボーダーコリー

書籍化ブログがたくさん
> 人気ブログランキングへ



関連記事

コメントをどうぞ!