1年生:子どもの話を引き出す質問「今日の良かったことベスト3」

多分何かの記事で読んだのだったかと思いますが、やってみたら本当に効果あったなぁというテクニック。

学校から帰ってきたQさんと毎日していたやり取り。

母「今日学校どうやった?」

Q「楽しかったよ」

母「何が楽しかった?」

Q「う〜〜ん…」

 

まぁやりがちというか普通の聞き方ですが、聞かれた方としては、

「1日終わってみて全体的に楽しかったのだけど、何がといわれると…うーん、何だったかな」

という感じなんだと思います。

そこで、質問を

「今日の良かったことベスト3を教えて」

に変えてみました。

良かったことというのは、

  • 楽しかったこと
  • 嬉しかったこと
  • 褒められたこと
  • 頑張ったこと

とか何でもいいよと。

そうしたら、

「漢字テストで100点だったこと」「昼休みにした鬼ごっこが楽しかったこと」「給食の余りのデザートをゲットできたこと」「あやとびが30秒できたこと」

などなど、具体的にすらすら挙げるようになりました。

多分、楽しかったり嬉しかったりしたことは1日のうちに大なり小なりいくつかあって、

「何が楽しかった?」

と聞かれた時には「どこまで言うべき?全部?」となって、結果

「う〜〜ん…」

と悩ませてしまっていたのかなと。

そこを「ベスト3」と3つに限定することで、自分の中でも出来事をチョイスしやすくなったのかもしれません。

「ママのベスト3はね…」と私からも発表すると、何だか嬉しそうに聞いています。

暗い顔で帰ってきた時には逆に「今日の良くなかったことベスト3」の方がいいかなぁ。

そんな日はあまりないけど、あったら試してみようかな。

=====

もうすぐ2年生か…
> 子育てブログ 2009年4月~10年3月生まれの子

アデノウイルスから回復^^
> 子育てブログ 2015年4月~16年3月生まれの子

のんのは元気
> 犬ブログ ボーダーコリー

書籍化ブログがたくさん
> 人気ブログランキングへ



関連記事

コメントをどうぞ!