昭和レトロなおもちゃで、吟じます

前にじいさんが倉庫の中を整理していた時に見つけたというコレ。

じいさんはうちのものだと思ったらしく、これ要るもんなんか?と
持ってきたけど、うちには見覚えがない。

見覚えは無いけど、このいかにもレトロな見た目、好きな感じで
何かワクワクするよ。

さっそく開けてみました。

大きい方には、また入れ物。丁重です。

小さい方には、アダプタらしきものと、イヤホン。

どうも音が出る系の電子機器らしい。

内袋を開けてみると…

んん、何でしょう?

ボタンが並んでいて、それぞれ下に「ミ」とか「ラ」とか
音階が書いてあります。

電子けんばんハーモニカ?携帯オルガン?

でも不思議なのは、音階の種類と並び。

種類はドレミファソラシとファのシャープだけ、並びは、
理屈は説明できないけどメインは短調のものっぽい。

分からん。

本体の裏には電池を入れるところがあって、単2電池が6本入っている。

電池には「’83使用期限」と書いてある。ひえー。

アダプタを挿してPOWERとある左下のつまみを回して、
ボタンを押したら、「ポー」と。

わー鳴った鳴った!何か興奮。

どのボタンも漏れなく鳴って、左下のつまみは音量、
左上のつまみは、回すと半音階ずつ上がるようになっているというのが
分かりました。

大正琴の仲間かなぁと思ってググってみたら全然違うし、本体の
右上に書かれた「邦楽 CONDUCTOR 水晶」 あたりを調べてみたら、
これは、詩吟の練習に使うコンダクターというものだと分かりました。

あー、詩吟ね!納得。

ばあちゃんがずっと趣味でやっていたんです。

ぱらぱらとサイトをいくつか見たら、詩吟の練習には今でも
こういう機械を使っていて、教室に入れば必ず1台持たされるくらいの
マストアイテムっぽいことが書かれていました。

持たされる、っていうのが妙に理解できたのは、ばあちゃんが熱心に
詩吟をやっていたにも関わらず、機械の使用感がほとんど感じられなかったから。

持たされたけど、使えなかったんだろうなぁ。間違いなく。

まさにデッドストック。

活かされることのないまま数十年、倉庫に居たのね。気の毒に。

ネットオークションでは状態の良いもので6千~1万2千円ほどの
値が付いていました。

で、ピーポー鳴らしていたら、この人がやって来ないわけがありません。

こんな感じのおもちゃもありますよね。

Qちゃんは喜んで、ピポピポ鳴らしていました。

せっかく機械あるし、Qちゃんも詩吟習う?

…習わないよねぇ。

音階の並びが変わってるから、おもちゃにするにも
アレだしねぇ。

うーん、使い道あるかなぁ~。

=====

↓詩吟界のさくらまやちゃん目指すか
> 子育てブログ 2009年4月~10年3月生まれの子

↓あると思います。
> 犬ブログ ボーダーコリー

↓有名ブログもこちらから
> 人気ブログランキングへ



関連記事

One Response - コメントを書く+

  1. NHKの投稿サイトにアップした「子育てママンたちの手作りあいうえおカード」好評です
    ———————–ご案内です————————
    他のアニメムービー(ひとくちサイズ プチムービー)も評判が良いので全部まとめて見れるようにしました。
    ↓もちろん無料公開のデータです。

    http://ameblo.jp/pecky2amb/entrylist.html
    ♪ ケイタイにムービーをもっていけまーす。
    ♪ こどもといっしょにお出かけしている時など、外出先でもどうぞ。

    (コメントページは「URLのクリックで自動的にジャンプ」が機能しないようなので、「URLのコピペ」でアクセスして下さい。すみません。)

    どうもおじゃましました。
    突然の割り込みメール、失礼しました。

コメントをどうぞ!